« 池田大作さん | トップページ | 手直し&出直し »

橋下徹さんの懲戒請求扇動問題の原点 ~あの日、あのとき、あの番組で~

あの日、あのとき、あの番組で――

橋下徹さんが被告人へと変貌を遂げることとなったあの発言。
伝説への道を猛進するきっかけであり、ご自身によりぶちかまされた号砲――

この伝説の幕開け、後世に語り継ぐべき価値があるんじゃないかと判断しました。
たまには原点を見つめ直してみるのも一興です☆

 
※他のブログさんでも発言を書き起こされている方も見かけたので、
 そちらとは趣向を変えてみたつもりです。

 
【問題の懲戒請求扇動発言が含まれる動画】

〔YouTube〕

死刑廃止論者に上等!橋下徹弁護士(小島よしお)

森本敏「弁護士っていう者を公的に資格を奪うっていう方法はないんですか?

〔ニコニコ動画〕

橋下徹弁護士、光市・母子殺害事件の弁護団に怒る!

 
※どれも同じ動画です、見られるとこでどうぞ。

 
  
【問題となった発言を中心に書き起こし】

以下は、「たかじんのそこまで言って委員会」読売テレビの
2007年5月27日に放送された一部です。
被告人となった橋下弁護士の発言を中心に書き起こしてみました。

赤太字表記は原告が問題としている部分(訴状参照)です。

 
たかじん 

君、どう思うこれ

 
橋下

いやぁもうね、ほんと残念、というかね、ま、弁護士っていうのも
こんなもんなのかなと。 でぇ、あの21人のあの弁護団の中で、
特にあの安田っていう弁護士はね、あれもうほんと
弁護士バッジ取らないといけないはずなんですよ。 というのは、
あの光市のもともと最高裁の弁論という期日をですね、
日弁連の模擬裁判のそのぉ、なにかリハーサルがあるってことで、
欠席しt・・・
 

 
たかじん

出なかったやろ 

 
橋下

出なかったんです。もうFAX一枚最高裁の方に流して、
でぇ欠席したと。 それに関して、広島の弁護士会のほうは、
まぁあの安田っていう弁護士じゃない広島のほうの担当の
弁護士ですかね、懲戒事由にあたらないと、あれもあの1つの
弁護活動だってことで懲戒棄却してるんですね。 いったい弁護士が
懲戒されるってことはどういうことやねん、と。
たかじんさん言ったようにね、死体を甦らす為にその姦淫したとかね、
それからぁ、赤ちゃんに対し、あのぉ子どもに対してはあやす為に
首にちょうちょ結びをやったということを堂々と21人のその資格を
持った大人が、主張するということ、これはね、
弁護士として許していいのかっていう・・・(宮崎に被せられる)

 
宮崎

弁護士のね、弁護士というものをねぇ、世の中の評価をね、
どんどん下げている

 
橋下

もうあれこそね、非行と言うかね・・・(またも宮崎に被せられる)

 
宮崎

(一部省略)当人が言ってるからこういう風にやってるんでしょう
けど、一審二審ではまったく出てきてないんです

 
橋下

言ってないんです、だから・・・(またまた宮崎に被せられる)

 
宮崎

(一部省略)突然出てきて、当人しか知り得ない事実なわけですよ。
こんなの誰が信用しますか。 こういうものを最後の最終審近くに
なって出してくるっていうのは、まさにね、私は被疑者、被告人
当人の為にもなっていない。 これは明らかにね、政治運動ですね

 

 
橋下

だから一審二審で、仮にそういう主張が出てたら、これは
弁護人としてやむおえないところがあります。
これはあのぉ国家権力に対して唯一被告人を代弁するということで
言わざるを得ないんですけども、明らかに今回は、あの21人というか、
あの安田って弁護士が中心になって、そういう主張を組み立てt、
組み立てたとしか考えられないんですよ。

 
宮崎

安田さんはね、もう長い間ずっと死刑廃止運動をやってる人
なんですよ。 で、それはそれでいいです。
私も死刑廃止論には耳を一部傾けるところもある。
そういうのはね、そういう裁判所の外でやるべきことであって、
立法府に働きかけるべきことでしょう

 
たかじん

道具の一つとしてね、使ってるようにね、見えてしまうとこあるんですよ

 
 
森本

(一部省略)
弁護士っていうものを公的にそのぉ、その資格を奪うという方法は
ないんですか? 一回なってしまったらずぅっと永久に資格が
あるという、制度がおかしいんだ

 
橋下

弁護士自治といって監督官庁がないんですよ。 で、国家権力と
闘うとか、それが弁護士会が唯一懲戒権を持っていて。 でぇ、
僕ねほんとね、テレビ使わさせてもらって、もしカットされたら
もうしょうがないんですけど、
ぜひね、全国の人ね、あの弁護団に対してもし許せないと
思うんだったら
、一斉に弁護士会に対して
懲戒請求かけてもらいたいんですよ。 
で、あの今、
弁護士会のほうに、一人の弁護士に、ま、ぼくなんか
何十件もやられるんですけども(笑) 2件、3件きただけで、
もう弁護士会、大慌てなんですよ。ぜひね、あの
懲戒請求というのは誰でもかれでも簡単に、弁護士会に行って
懲戒請求を立
てれますんで、何万何十万という形で、
あの21人の弁護士の懲戒請求をた
ててもらいたいんですよ 

 
勝谷

どうせね、大新聞やテレビはヘタレだからようせんだろうから、
週刊誌は21人全員の顔写真と名前とね、過去にどういうのに
かかわってきたのか出したったらええねん。ついでに住所も書いたれ
(笑&拍手)

 
 

辛坊

弁護団のね、そうなんですよ、こういう主張なんですがね
(資料を読み上げる&一部省略)
こういうことをね、法廷で聞かされる被害者遺族はどうなのよ

 
  
勝谷

(一部省略)本村さんでしたっけ、被害者があれほんとタフな方
だから、彼はアレだけれども、これ普通の人だったらもうそれで
第二の陵辱を遺族が受けた、に相当しますよね。 これねぇ、
ほんとに精神的苦痛をね、そういう主張によって受けたって
訴えられないのかね

 
 
橋下

だから、いし、一審でもし一審で言っていたらですよ、一審で
言ってたらこれはしようがないんですよ。 だからそうであればね、
法廷でなぜ一審二審で言わずに、このぉ、差戻し審になってはじめて
そういう主張をしたのかってことをきちんと説明しないと。
あれもう訴えるも何も、だから懲戒請求でほんと一万二万とか
十万人ぐらいこの番組見てる人が一斉に弁護士会に
行って
懲戒請求かけてくれ、くださったらですね、
弁護士会のほうとしても
処分を出さないわけにいかないですよ

   

 
伝説は、こうして幕を開けたのでありました☆

 

【今北さん用、懲戒請求扇動発言以降の流れ】

2007年(平成19年) 5月25日(金)
 橋下徹弁護士、懲戒請求扇動発言(収録)

2007年(平成19年) 5月27日(日)
 13:30~「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ)
 第187回放送  視聴率:16.9%(HP参照)
 一部の地域を除く全国19地方局で懲戒請求発言が放送される(訴状参照)

2007年(平成19年) 5月29日(火)
 日本弁護士連合会(日弁連)に脅迫文書・銃弾の模造品が届く

2007年(平成19年) 6月18日(月)
 弁護士508人が「被告が弁護を受ける権利を否定する言動に抗議し、
  直ちに中止を求める」と緊急声明を発表

2007年(平成19年) 7月5日(木)
 朝日新聞東京本社(東京都中央区)・読売新聞東京本社(千代田区)に
 光市事件弁護人の殺害を予告する文書・銃弾が届く

2007年(平成19年) 8月6日(月)
 18:30~ 弁護団緊急報告集会(弁護士限定)
 橋下弁護士も出席

2007年(平成19年) 9月3日(月)
 原告側弁護士4名、橋下徹弁護士に損害賠償を求め提訴(広島地裁)

2007年(平成19年) 9月5日(水)
 東京・西新宿のホテル 12:00~
 2時間にわたり被告橋下弁護士、記者会見を開く

2007年(平成19年) 9月6日(木)
 橋下弁護士、「訴状」を受け取る

9月7日までに弁護団に対して行われた懲戒請求は4,022件

2007年(平成19年) 9月13日(木)
 朝日・読売に届いた弁護人脅迫文の差出人として記載の右翼団体、
 政治資金規正法違反の疑いで家宅捜索

 「『光市事件』報道を検証する会」、「被告の元少年に批判的な立場からの看過できない
 一方的な決め付けがある」と報道したテレビ局に申し入れを行った、と発表

2007年(平成19年) 9月20日(木)
 原告側に被告橋下弁護士から「答弁書」が届く

2007年(平成19年) 9月27日(木) 13:30~ 第1回口頭弁論期日
 橋下弁護士、擬制陳述で出廷せず
 午後、原告側が記者会見

2007年(平成19年) 9月28日(金)
 橋下弁護士、ブログ上で原告らに対する懲戒請求を予告

2007年(平成19年) 10月3日(水)
 今枝弁護士、光市事件被告人の身元引受人となる文書を広島拘置所に提出

2007年(平成19年) 10月7日(日)
 2chに「橋下弁護士の一家惨殺してやる」スレッドが立つ

2007年(平成19年) 10月11日(木)
 懲戒請求をした人の一部に、原告側から「求釈明書」が届く

2007年(平成19年) 10月13日(土)
 橋下弁護士、予定より一日遅れて
 「求釈明書」への対応をブログ上で説明

2007年(平成19年) 10月14日(日)
 光市事件弁護団の中の一人、今枝弁護士が
 ブログ上で光市事件の弁護人を辞任する意向を表明

2007年(平成19年) 10月15日(月)
 今枝弁護士、被告人の希望により弁護人辞任を撤回
 「弁護団ひとり」を結成

 橋下弁護士、2chの殺害予告に対し刑事告訴したことをブログ上で公表

2007年(平成19年) 10月17日(水)
 今枝弁護士に、被告人自署の「解任届」が届く

2007年(平成19年) 11月5日(月)16:30~ 第2回期日(弁論準備手続)
 電話会議で非公開

 
【今後の予定】

2007年(平成19年) 12月17日(月)16:30~ 第3回期日(弁論準備手続)

 

※誤解されるといけないので一応断っておきますが、橋下弁護士の発言と、
 脅迫状などが送りつけられたことは、直接的な関係はありません。
 また、この裁判で問題とされているものでもありません。
 ただ、個人的な感想ですが、原告側の動きと無関係ではないと思いますし、
 タイミングが絶妙だと思ったので書きました。
 「そりゃちょっとは影響してるかもよ?」程度に留めてご理解ください。
  

 

【関連】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【橋下弁護士懲戒請求扇動問題の舞台、最前線はどこよ?という方へ】

橋下徹のLawyer's EYE」では、ピン芸人の橋下徹さんがネタを披露なさっています。
大変刺激的で面白いです。 中でも「FAX90枚で嫌がらせしたったわ」噺がオススメです☆
橋下さんへの励ましやご意見は「橋下徹へのメッセージ」で送れます。
応援してますよ! 橋下さん、がんばれ~!(笑)
 
 
光市事件懲戒請求扇動問題 弁護団広報ページ」では、橋下さんのボケに
冷静なツッコミが入れられています。
これはつまり・・・、橋下徹さんの・・・ 相方?

私の勘違いでした、ごめんなさい。
橋下徹さんはピンではなく、コンビのボケ役だったようです。
刑事裁判Q1」「刑事裁判Q2」では刑事裁判に関する疑問に答えられています。


弁護士・未熟な人間・今枝仁・・・光市事件と刑事弁護の理解のために」(本館)では、
原告側弁護士の橋下さんへの最新のツッコミが確認できます。 また、
弁護士・未熟な人間・今枝仁・・・光市事件と刑事弁護の理解のために」(まとめ)では
本館全体を見通せますし、リンク先が充実していますので、ここは要チェックやで~☆
光市事件についても詳細に載っているので、そちらに関心のある方もこちらでチェック。
  
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――


【最前線以外では?という方へ】
 
たかじんのそこまで言って委員会」の「掲示板のスレッド」でも、この話題が議論されています。 
議論が得意な方にはオススメ☆
長くなり過ぎなのが難点ですが、「すちゅわーです」さんの書き込みは大変参考になります。
書き込まれる際、お上には逆らえないことには注意が必要があります。
 
 
橋下徹さん“真意”激白」はうちの記事ですが、関連しているのでよかったら見てやってください。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【なんだか急に憲法が知りたくなった!という方へ】

 (掲示板スレッドを読んでおられる方にしか伝わらない話ですが)

憲法(wiki)日本国憲法(wiki)で、国家の原理原則について理解を深めてから、Let's 議論☆

法庫」の「日本国憲法」、「日本国憲法」などで、日本国民は、国家の名誉にかけ、
全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓っていたことを思い出してみるのもアリです。

あたらしい憲法のはなし」では、現行憲法についてわかりやすく解説してくれています。
1947年(昭和22年)の文部省お墨付き。
良い機会ですから、その精神を再確認しちゃいましょう、オススメです☆
 
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【懲戒請求ってナンなの?という方へ】 

日本弁護士連合会」の「日弁連 - 懲戒制度」では、
懲戒制度について詳しく説明してあります。
懲戒手続きの流れ〔PDF〕」で、チャートをチェック☆

 
情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)」の
橋下弁護士の口車に乗って光市事件弁護団の懲戒請求をしたあなた、
 取り下げるべきだとアドバイスします!
」では、
懲戒請求が損害賠償の対象となる場合もあることを解説してらっしゃいます☆
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  
 
【編集・放送した側の責任は?という方へ】

BPO/放送倫理・番組向上機構」では「ご意見募集中」(HPからもOK)だそうです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【刑事裁判ってナンなの?という方へ】

日本弁護士連合会」の「日弁連 - 刑事裁判の流れ」では、
わかりやすい図解で流れが説明してあります。

 
刑事裁判ウォッチャーレポート」の「刑事裁判の流れを知ろう!」では、
さらりとした解説があります。

 
安富潔」の「刑事裁判の基礎知識・目次」では、
さらり、というよりもさらに詳しく知りたい方はこちらへ。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【そもそも裁判ってナンなの?という方へ】

弁護人(wiki)裁判(wiki)の一読をオススメします☆

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【刑事弁護人ってナンなの?という方へ】

刑事弁護人の果たすべき役割〔PDF〕
鹿児島県弁護士会会長の染川周郎さんの講演会の記録です。
前半の2ページが法律論で、後は染川さんの貴重な体験談。
私を含めパンピー(一般人)は2ページまで読めばOKでしょう。
オウム真理教関連の刑事裁判でも、今回と同様の構造
(無知な市民と煽るマスコミ、弁護人を非難する)があったようです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【光市事件の場合はどうなの?という方へ】

 
Egawa Shoko Journal」の「刑事弁護を考える~光市母子殺害事件をめぐって」では、
報道も含めて考える、という視点を提供されています。
  
  
法律相談なら弁護士小川綜合法律事務所へ」の「刑事弁護人の役割」では、
「刑事弁護人を批判されてる方は、冤罪で法廷に立つ可能性がご自身にも
あるということをお忘れでは?」を中心とした弁護士さんの意見です。

 
広島弁護士会」の「広島弁護士会/会長声明」では、
光市事件弁護人への脅迫行為に対して声明を出されてます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【橋下弁護士の発言ってどうなのよ?という方へ】

橋下弁護士が好きですか?」、はい、私は大好きです☆
ターゲットロックオン。
橋下弁護士の今回の発言を、法を根拠として優しく批判されています。
うちの不謹慎なブログとは比にならないくらい上品です。

 
la_causette」の
要約すると「一般の弁護士どもはワイドショーに逆らうな」ということですね」では、
橋下弁護士の答弁書をざっくりと要約なさっています。 また、「灯台もと暗し」や
自分が相手より「偉い」と思わなくても、質問はできるし、普通に行われている
等では、橋下弁護士の不思議な発言にツッコミを入れられています☆

   
法華狼の日記」の「橋下徹弁護士の主張がゆれている
橋下徹弁護士の記者会見報道について
今さらながら橋下徹弁護士の答弁書について
今、「世間」の一人である私が知りたいのは別の情報」では、
橋下徹さんの答弁書の主張やこれまでの主張の変遷を検証なさっています。
法華狼さんの検証には今後も期待してます☆

  
とっちの事件簿」の「刑事弁護人の職責」では、
橋下弁護士が主張する「説明責任」にNOの見解を示されています。

 
元検弁護士のつぶやき」の「橋下弁護士に対する公開質問状」では、
たかじんのそこまで言って委員会掲示板」で行われた
「すちゅわーです」さん(弁護士)の公開質問が確認できます。
まっとう勝負の橋下弁護士が説明責任を果たされるのかどうか、注目されています。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
  
【橋下弁護士、がんばれ!という方へ】
 

N氏の“びみょー”な愛情」の「橋下弁護士、がんばれ!!」では、
懲戒請求と刑事弁護人の役割について誤解なさっているのかな?
「弁護士の品位」を「タレント性」と勘違いなさっているのかな?
それはそれとして、引用されてる記事を参考に。
 
 
 
ホームシアターとか映画とか日本チャチャチャとかの部屋」の
がんばれ!橋下弁護士!!」では、視聴者は偏向報道しか見ていないのに
「視聴者は無知だ」と言ったら侮蔑行為にあたるそうです。
私も視聴者ですが、私は自分自身、「無知だと自覚して」います。
ですから、どっちが良いとか悪いとか、速断は避けるように心がけています。
世間には「無知の知」という言葉がないようで。
 
 
反日勢力を斬る」の「橋下弁護士がんばれ!」では、
勝谷さんの言葉も拾われていたけれど・・・
>勝谷誠彦 「遺族は第二の陵辱を受けた」
これ、本村洋さんの全体を理解されていない証拠でしょうね。

 
噂とあの話題板(魚拓)」や「噂とあの話題板(魚拓)」は、
「どんだけー!」と叫びたい方、必見です☆

――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 
 
【橋下さんの言ってた「安田って弁護士」って誰よ?って方へ】

 
安田好弘(wiki)さん。
本村洋の復讐論と安田好弘の怠業 - 山口県光市母子殺人事件」では、
その仕事ぶりを「怠業」と非難されています。
てかこちらのブログさん、本村洋さんの持ち上げっぷりが半端じゃないです☆

 
 
勝田清孝と来栖宥子の世界」の
異端の肖像2006「怒り」なき時代に 弁護士安田好弘(58)
〔中日新聞2006年5月11日夕刊からの引用〕では、
異端である安田さんが特集されてます。
よくまとめてあるので、少し長いですがこれは一見の価値があるかと。

 
 
マル激」の「私が重大犯罪の被告を弁護しなければならない理由」では、
メディア嫌いな安田さんが、がっつり話されています。
YouTube」や「ニコニコ動画」で探してみれば・・・ もしかするとあるかもです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【ところで、死刑存置論・廃止論ってナンなのよ?という方へ】

死刑存廃問題(wiki)死刑(wiki)を参考に☆
 

死刑廃止と死刑存置の考察」は詳しいんですが、
長文も楽勝だっぜ!という方じゃないと苦しいかもです。

 
※一応、死刑存置・廃止論へのリンクを貼っておきました。 が、
 誤解されるといけないので断りを入れておきますと、弁護団の主張は
 現行法内では「傷害致死にあたるのではないか」といったもので、
 死刑廃止を訴えているものではありません。
 弁護団は死刑制度そのものに関してこの裁判で問題とはなさっていません。
 ですが、一部マスコミ・無責任なコメンテーターの方々によるそのようなレッテル貼りがあり、
 またそれを真に受けちゃっている方が多いように見受けられます。
 報道する側(例:女子アナ)でも勘違いしちゃっている人もいるようなので、注意が必要です。

これについては「元検弁護士のつぶやき」の「光市弁護団と死刑廃止論」で述べられています。
また「橋下ブログを読んだ懲戒請求者の皆さんへ」では、「求釈明書」への
適切な対応について触れられています。 利害に影響する可能性もあるので、ドキドキです☆

 
 
※関連、多すぎね?と思われたかと思いますが、議論以前の問題である「無知な人」が

 あまりにも多いように見受けられたので、啓蒙の意味も込めてベタx②貼っちゃいました☆
 読んで学んでもらえる可能性は低いだろうとは思いましたが、願いを込めて・・・。

※私の不謹慎なコメントがかなり不評だったので、削除しておきました☆

※何かあるとその都度、修正を加えているので、
 どこをどう修正したとかはあまり気にしないでください。
 いつの間にか、マイケル・ジャクソン(wiki)さんみたい(?)な記事になってます☆

橋下徹「まっとう勝負」 Book 橋下徹「まっとう勝負」

著者:橋下 徹
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 池田大作さん | トップページ | 手直し&出直し »

橋下徹さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/441133/8213567

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下徹さんの懲戒請求扇動問題の原点 ~あの日、あのとき、あの番組で~:

« 池田大作さん | トップページ | 手直し&出直し »